中3英語 練習問題 受動態 目的語が2つある場合

LINEで送る
スポンサードリンク


練習問題 受動態 目的語が2つある場合

 

 

 

ここではこのように2つの目的語を持つ文では受動態が2種類作れるということでその練習をしていきます。

 

 

次のそれぞれの文を2種類の受動態に直して意味も答えなさい。

 

(1) Mr. Hayashi sent us this e-mail.

 

(2) I showed my friend some pictures.

解答・解説(1)

(1) Mr. Hayashi sent us this e-mail.

 

 

さて、今回は目的語が2つ入っている文を使って2種類の受動態を作るという問題です。

 

 

ポイントは2つある目的語のうち、使わなかった方は過去分詞の後ろに入れてあげるということです。

 

 

さらにもう少し深いことを言えば、「人に」が後ろにくるときにはその前に前置詞の「to」を入れてあげるということでした。

 

 

それではこの問題で考えていきましょう。まずはこの文の意味を考えてみます。

 

 

「林さんは私たちにこのeメールを送りました」

 

 

となっていますね。
この中の

 

 

「私たちに(us)」

 

「このeメールを(this e-mail)」

 

 

がそれぞれ目的語なので、これらを主語にした受動態の文を作っていきます。
まずは「私たちに(us)」を主語にした文はどうなるでしょう。

 

 

<受動態の作り方>

 

1.「us」のままでは主語にできないのでこれを「We」に変えます。

 

  →「We

 

 

2.次に「be動詞+過去分詞」ですが、元の文が過去形で主語が複
  数ですからbe動詞は「were」となります。

 

  また「sent」は「send - sent - sent」と変化する動詞なので
  過去形と過去分詞は同じ形で、これを主語の後ろに続けます。

 

  →「We were sent

 

 

3.この後ろにもう一つの目的語をいれます。
  ここでは「this e-mail」ですね。

 

  →「We were sent this e-mail

 

 

4.最後に「〜によって」を入れます。
  ここでは「林さんによって」です。

 

  →「We were sent this e-mail by Mr. Hayashi.」

 

 

これで完成です。
このように考えていきます、分かりましたか?

 

 

それではもう一つの文も考えていきます。
今度は「this e-mail」を主語にした場合の文です。

 

 

 

1.「This e-mail」を主語にするのでまずはここから始める。

 

  →「This e-mail
   (このeメールは)

 

 

2.次は「be動詞+過去分詞」です。
  上では主語が複数だったので「were」を使いましたが、ここでは単数に変わるので
  「was」になります。気をつけましょう。

 

  →「This e-mail was sent
   (このeメールは送られました)

 

 

3.次がポイントの部分です。
  もう一つの目的語をここに入れますが、前置詞の「to」は入れても入れなくても
  意味は同じです。

 

  →「This e-mail was sent (to) us
   (このeメールは私たちに送られました)

 

 

4.最後は「〜によって」を入れます。これは最初に作った文と同じですね。

 

  →「This e-mail was sent (to) us by Mr. Hayashi.」
   (このeメールは林さんによって私たちに送られました)

 

 

正解)
「We were sent this e-mail by Mr. Hayashi.」
(私達は林さんによってこのeメールを送られました)

 

「This e-mail was sent (to) us by Mr. Hayashi.」
(このeメールは林さんによって私たちに送られました)

解答・解説(2)

(2) I showed my friend some pictures.

 

流れはもう分かりましたね?
同じように考えてもらえばこの問題も簡単に分かります。

 

 

「I showed my friend some pictures.」
(私は友達に何枚かの写真を見せました)

 

 

この文の目的語は「(私の)友達に」と「何枚かの写真を」です。
それでは作っていきましょう。

 

 

 

<「(私の)友達に」を主語にした場合の文>

 

1.「(私の)友達に」を主語にする。

 

  →「My friend
   (私の友達は)

 

 

2.「be動詞+過去分詞」を続ける。
  「show」は「show - showed - shown」と変わります。

 

  →「My friend was shown
   (私の友達は見せられました)

 

 

3.ここでもう一つの目的語を入れます。

 

  →「My friend was shown some pictures
   (私の友達は何枚かの写真を見せられました)

 

 

4.最後は「〜によって」を入れます。

 

  →「My friend was shown some pictures by me.」
   (私の友達は私によって何枚かの写真を見せられました)

 

 

一つ目の文はできましたか?
もう一つの文も確認してください。

 

 

<「何枚かの写真を」を主語にした場合の文>

 

1.「何枚かの写真を」を主語にする。

 

  →「Some pictures
   (何枚かの写真は)

 

 

2.「be動詞+過去分詞」を続ける。
  ただし、ここでは主語が複数になっていることに注意が必要。

 

  →「Some pictures were shown
   (何枚かの写真は見せられました)

 

 

3.もう一つの目的語を入れる。

 

  →「Some pictures were shown (to) my friend
   (何枚かの写真は友達に見せられました)

 

 

4.最後に「〜によって」を入れる。

 

  →「Some pictures were shown (to) my friend by me.
   (何枚かの写真は私によって友達に見せられました)

 

 

正解)
「My friend was shown some pictures by me.」
(私の友達は私によって何枚かの写真を見せられました)

 

「Some pictures were shown (to) my friend by me.」
(何枚かの写真は私によって友達に見せられました)

スポンサードリンク



LINEで送る